トップ > YUMOTについて

YUMOTについて

理念と特色

教育上の理念、目的

技術経営(Management of Technology:MOT)とは、「技術を事業の核とする企業・組織が次世代の事業を継続的に創出し、持続的発展を行うための創造的、かつ戦略的なイノベーションのマネジメント」を意味し、わが国の産業の活性化と持続的発展のために、MOT教育は、研究開発・技術開発において必要な専門的経営能力向上を目指します。 本研究科は、科学技術および企業経営の普遍的原理ならびに最新の知識を統合し、イノベーションを持続的に創出するためのマネジメントの研究を行い、もって総合的・学際的な知識・教養・倫理観に立脚し、自身の課題ならびに地域および地球規模での資源の最適利用を考え、判断する能力を持つ人材を養成することを目的とします。


ミッション

本研究科は、高い倫理観を備え、地域に根差しながらグローバルな視点で問題解決に取り組む<技術経営>者を養成します。


ビジョン

本研究科は、<技術経営>者を目指す人々、そして技術経営を教育研究する人々の「最優先志望」となることを目指します。


ディプロマ・ポリシー

本研究科では、技術と経営の二つの視点から問題に取り組み、創造的な成果を生み出していくことのできる<技術経営>者を養成することを目的としています。所定の期間在学し、所定の単位を修得し、下記の知識や能力を身に付け、修了審査に合格した学生に技術経営修士(専門職)の学位を授与します。


【共通する総合的な能力】

  • イノベーションの意義や創発するための方法論について学問横断的に学習・理解し、その知識を主体的に実務に活用・応用する能力
  • 高い倫理観を持って他者と協調して事業活動に取り組む態度を涵養し、社会に貢献する能力


【具体的な能力として、以下のいずれかを身に付ける】

  • 研究開発や事業活動などを組織的に遂行するために必要な知識を学び、自らの課題を正しく把握し、それらに合理的かつ効率的に対処する能力
  • 経済法則の原理と価値の計測方法を正しく学習・理解し、事業活動の成果を経済的価値に結びつける能力
  • 知的資産の重要性を理解し、事業遂行に役立てていく仕組みや方法を修得したうえで、自らアイディアを創出し知的資産化する能力
  • グローバルなフィールドで活躍できるように、多様な社会や文化を理解するとともに、自ら仮説を立てて研究方法を構築し、遂行する能力

先端的・実践的教育

本研究科の専任教員は、企業幹部・技術者などの実務経験を有する教員および大学等の研究機関で産業界と連携しながら先端的な研究教育を行ってきた教員とで構成されています。さらに学内外の研究者および専門的実務家が講師陣に加わります。これらの講師陣の下で、特許情報検索システムや様々な社会経済・企業情報などのデータベースを利用できる環境を活用して、先端的かつ実践的な教育が取り入れられています。


グローバル化

グローバルに活躍するMOT人材を育成するために、宇部教室を2013(平成25)年より秋入学とし、全科目英語による授業を実施しています。また、我々のMOT教育をアジアのスタンダードにする取組の一環として、日本とマレーシア政府がマレーシア工科大学に新設したMOT大学院を幹事大学として支援しています。


カリキュラムの特徴

広島・福岡教室では日本語で、宇部教室ではグローバル化に対応して英語で授業を行っています。

本研究科のカリキュラムは基盤科目、展開科目および応用科目から構成されています。 基盤科目では技術経営の基本的な考え方、また技術経営に関する専門知識を習得する上で基盤となる知識とスキルを習得します。展開科目では基盤科目で習得した知識とスキルをベースに、戦略立案、施策展開、ビジネスプランニング、課題解決法、グループマネジメント、知的財産など、各分野の専門知識を学びます。応用科目では今日の産業界が直面する様々な分野の先端的かつ実践的な課題に取り組むことによって、思考力とスキルの向上を図ります。


沿革・活動実績

2005年度(平成17年度)

MOT専門職大学院設置

  • 大学院理工学研究科の「MOT専門職プログラム」を「MOTプログラム」に名称変更
  • 「知的クラスター創成事業」 (文部科学省)でMOT教育を実施
  • 「大学における知的財産教育研究事業」(特許庁)を実施
  • 「中国内陸部・人材育成事業」(国際協力銀行)を実施
  • 「産学連携製造中核人材育成事業」(経済産業省)を実施
  • 「経営幹部層向けMOT教育普及啓発事業」(経済産業省)を実施
  • 「技術経営プログラム等開発事業」(経済産業省)を実施
  • 「技術経営遠隔講義システム」(文部科学省)を開発
2006年度(平成18年度)

大学院技術経営研究科北九州教室を開設

  • 大学院理工学研究科の「MOT専門職プログラム」を「MOTプログラム」に名称変更
  • 「大学における研究者用特許情報データベース活用モデルの構築と検証」(特許庁)を実施
  • 「大学における知的財産教育研究事業」(特許庁)を実施(継続)
  • 「初等中等教育段階における知的財産教育の実践研究」(特許庁)を実施
  • 「産学連携製造中核人材育成事業」(経済産業省)を実施(継続)
  • 「産業技術研究助成事業」(NEDO)を実施
  • 「専門職大学院教育推進プログラム~認証評価基準の開発(共同事業)」 (文部科学省) を実施
  • 「専門職大学院教育推進プログラム~教室と経営体との融合による技術経営教育」(文部科学省)を実施
  • 「技術経営人材育成プログラム導入促進事業」(経済産業省)を実施
  • 「中国内陸部・人材育成事業」(国際協力銀行)を実施
2007年度(平成19年度)

大学院技術経営研究科広島教室を開設

  • 「大学におけるパテントマップを用いた特許情報の活用についての研究」(特許庁)を実施
  • 「産学連携製造中核人材育成事業」(経済産業省)を実施(継続)
  • 「認証評価基準の開発」 (文部科学省) を共同実施(継続)
  • 「教室と経営体との融合による技術経営教育」(文部科学省)を実施(継続)
  • 「解析主導設計(ALD)を活用した先進ものづくりを実現する体系的地域人材高度化教育」(文部科学省)を実施
  • 「教室と経営体との融合による技術経営教育」(文部科学省)を実施(継続)
  • 「社会人の技術経営スキルアップ教育支援プログラム」(文部科学省)を実施
  • 「カンボジア天然ゴム産業の振興と金融機能に係わる提案型調査」(国際協力銀行)を実施
  • 「技術経営系専門職大学院(MOT)の認証評価制度の開発及び認証評価機関の設置」(文部科学省)を共同実施
  • 「産業技術研究助成事業~家庭向けエネルギー管理サービス普及のための事業戦略創出に関する研究」(NEDO)を実施(継続)
  • 「エネルギー使用合理化技術戦略的開発~コンビナートの高効率エネルギー・マテリアル融通システムとマネージメント手法の研究開発」(NEDO)を実施
  • 「国際会議ICIMを主催」(9ヵ国150件の研究発表」
2008年度(平成20年度)

MOT協議会会長校

  • 「解析主導設計(ALD)を活用した先進ものづくりを実現する体系的地域人材高度化教育」(文部科学省)を実施(継続)
  • 「エネルギー使用合理化技術戦略的開発~コンビナートの高効率エネルギー・マテリアル融通システムとマネージメント手法の研究開発」(NEDO)を実施(継続)
  • 「専門職大学院等における高度専門職業人養成教育推進プログラム~MOT教育コア・カリキュラムの開発」(文部科学省)を実施(詳細はこちら)
  • アジア諸国等製造業連携関連調査(経済産業省)を実施
  • ラオス日本センタービジネス分野活動支援(外務省)を実施
2009年度(平成21年度)

MOT協議会会長校(継続)

  • 「解析主導設計(ALD)を活用した先進ものづくりを実現する体系的地域人材高度化教育」(文部科学省)を実施(継続)
  • 「エネルギー使用合理化技術戦略的開発~コンビナートの高効率エネルギー・マテリアル融通システムとマネージメント手法の研究開発」(NEDO)を実施(継続)
  • 「専門職大学院等における高度専門職業人養成教育推進プログラム~MOT教育コア・カリキュラムの開発」(文部科学省)を実施(継続)(詳細はこちら)
  • 国立大学法人評価(大学評価・学位授与機構)
  • 大学機関別評価(大学評価・学位授与機構)
  • 専門職大学院認証評価(大学基準協会)
  • ラオス日本センタービジネス分野活動支援(外務省)を実施(継続)
  • 宇部常盤キャンパスに大学院技術経営研究科棟竣工
2010年度(平成22年度)

大学院技術経営研究科福岡教室を開設

  • MOT協議会会長校(継続)
  • 「オープンイノベーションを駆動する科学技術系人材の育成~オープンワークスペースを核としたアクションラーニングの展開」(文部科学省)を実施(詳細はこちら)
  • ラオス日本センタービジネス分野活動支援(外務省)を実施(継続)
  • ラオス日本センタービジネス人材育成プロジェクト(外務省)を実施
  • カンボジア国政府統計能力向上プロジェクト(外務省)を実施
  • 経費削減推進事業~技術経営(MOT)導入セミナー(経済産業省)を実施
  • イノベーション実践教育センター設置
  • 大学院技術経営研究科北九州教室を閉鎖
2011年度(平成23年度)

大学院技術経営研究科広島教室を移転

  • 「オープンイノベーションを駆動する科学技術系人材の育成~オープンワークスペースを核としたアクションラーニングの展開」(文部科学省)を実施(継続)(詳細はこちら)
  • カンボジア国政府統計能力向上プロジェクト(外務省)を実施(継続)
  • ラオス日本センタービジネス人材育成プロジェクト(外務省)を実施(継続)
  • 経費削減推進事業~技術経営(MOT)導入セミナー(経済産業省)を実施
  • マレーシア工科大学MJIIT事業(外務省)に参画(副幹事校)
  • 国際認証評価機関ABEST21に加盟
  • 「研究技術計画学会年次大会を開催」(300件の研究発表」
  • 「国際会議ICIMを主催」(10ヵ国200件の研究発表」
  • 「International Journal of EngineeringInnovation and Management」を創刊
  • インドネシア財務省職員研修(JICA)を実施
2012年度(平成24年度)

マレーシア工科大学MJIITに教員を長期派遣

  • 「オープンイノベーションを駆動する科学技術系人材の育成~オープンワークスペースを核としたアクションラーニングの展開」(文部科学省)を実施(継続)(詳細はこちら)
  • カンボジア国政府統計能力向上プロジェクト(外務省)を実施(継続)
  • ラオス日本センタービジネス人材育成プロジェクト(外務省)を実施(継続)
  • 経費削減推進事業~技術経営(MOT)導入セミナー(経済産業省)を実施
  • 専門職大学院認証評価(大学基準協会)改善報告
  • マレーシア工科大学MJIIT事業(外務省)に幹事校として参画
2013年度(平成25年度)

宇部教室で秋入学・全科目英語による授業を開始

  • マレーシア工科大学MJIIT事業(外務省)に幹事校として参画
  • カンボジア国政府統計能力向上プロジェクト(外務省)を実施(継続)
  • ラオス日本センタービジネス人材育成プロジェクト(外務省)を実施(継続)
  • ミャンマー日本人材開発センタープロジェクト(外務省)を実施(新規)
  • 社会人学生に対する短期海外研修プログラムを開始(奨学金を新設)
  • 大学基準協会による経営系専門職大学院認証評価開始
  • 国際認証評価機関ABEST21による技術経営専門職大学院認証評価開始

刊行物

コンビナート新時代-IoT・水素・地域間連携-

701-2.jpg


稲葉和也,平野 創,橘川武郎 著
出版社:化学工業日報社
定価:2,500円+税
発刊日:2018年8月2日
ISBN:978-4-87326-701-2

新・カンボジア経済入門 高度経済成長とグローバル化

新・カンボジア経済入門 高度経済成長とグローバル化


廣畑伸雄,福代和宏,初鹿野直美(共著)
出版社:日本評論社
定価:3,600円+税
発刊日:2016年7月8日
ISBN:978-4-535-55856-4

日本の産業と企業--発展のダイナミズムをとらえる (有斐閣アルマ)

日本の産業と企業--発展のダイナミズムをとらえる (有斐閣アルマ)


橘川武郎、平野創、板垣暁編
第11章住宅(稲葉和也、分担執筆)
出版社:有斐閣
定価:2,300円+税
発刊日:2014/12/22
単行本:B6版・360頁
ISBN:978-4-641-22035-5

コンビナート統合 日本の石油・石化産業の再生

コンビナート統合


稲葉和也、橘川武郎、平野創(共著)
出版社:化学工業日報社
定価:2,625円(税込)
発刊日:2013/1/29
単行本:B6判・270頁
ISBN:978-4-87326-619-0

戦略的技術マネジメント―科学・技術とビジネスの架け橋

戦略的技術マネジメント―科学・技術とビジネスの架け橋


上西 研(監訳)
久保元伸・福代和宏・松浦良行(翻訳)
出版社:日本評論社
定価:2,940 円(税込)
発刊日:2007/05
単行本:288頁(判型A5判)
ISBN:978-4-535-55510-5